上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑

今日は工場見学で横浜でした。
来週も工場見学デス。
あれ、なんか忙しくね?
例年どおりの春休みだったら暇すぎて逆に焦るところなのに!

やべぇ、二週間ぐらい何もしたくない

あ、でも小説は書きたい。
「ある飛行士の追憶」を読んだ(恋歌?まぁちょっと待て)ので正統派のボーイ・ミーツ・ガールを書いてみたいものだのう。のう

……三月も終わるのに俺は何を言ってるんだ
てか三月終わんのかよ('A`)ハハッ
スポンサーサイト
03/31|ひとりごとコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
タイより帰還しました。
帰ってきたらWBCは優勝してるわで軽く浦島太郎状態ですよ。

皆さんお元気でしたか?私は無事では帰ってこれませんでした。
バンコクは渋滞がひどいのでバイクタクシーで快適に移動しようぜ→事故→救急車→体痛ぇ
事故ったのが最終日で幸いでした。ええ、幸いでしたとも。
あとついでに風邪もひきました。
ワットポーにも行かずに女の子のいるお店に行ってた天罰ですね。分かります。
03/28|ひとりごとコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
帰ってきたら、まずパソコンを起動させるよね!
東京から我が家に帰ったら、ネットに繋がらなくてワロス
はいはい料金未納料金未納

あ、今度は22日からタイへ行ってきます
果たして無事に帰ってこられるのか否か、とっても不安だぜ

あー、小説書きてぇ
03/19|ひとりごとコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
本が読みたい。
私がそう言うと、あなたは「ならば読めば良いではないか」と言うのだ。
「ですがここには私の読みたい本はありません」
私が今居るのは実家であり、私が読みたい本は一冊だって無いのだ。思えば下宿先を出てくるときによく持ち物を確認すれば良かったのだ。さすれば読もうと思っていた「そして夜は蘇る」なぞ、もう読み終わっていた頃だったろうに。
「母よ、何か良い本は無いか」
「レムの砂漠の惑星を読め。さすれば道は開かれん」
「ハードなSFは読みたくありません。脳がとろけるような小説か、旅に出たくなるような小説が読みたいです」
父がニヤニヤしながら本を差し出してきた。
「星野道夫は、冬に読む作品ではない。アラスカは寒い。ええい妹よ、何か出せ」
妹は黙って燃えよ剣を差し出した。
「これは一体どういうつもりか。燃えよ剣では脳はとろけんし、旅に出たくもならん」
「貴様には幕末的根性が足りん。これを読んで腐った根性を叩き直せ」
「叩きのめすの間違いではないだろうか」
03/15|ひとりごとコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
実家に居るが、パンツが無い。
無いわけではないが、一枚しかない。一枚では人間らしい生活を営めない。
俺「もう俺は帰るまで一枚のパンツをはき続ける」
妹「意中の人もいないのに、パンツを代えないと言うのか」
俺「パンツ総番長か。何故貴様が知っている」
妹「夜は短し歩けよ乙女ぐらい、私だって読んでおるわ」
そう言って妹はニヤリと笑うのだ。今妹は恋文の技術を読んでいる。
お兄ちゃんは妹の行く末が心配です。主に妹の可愛げの無さに。
妹「外堀を埋める相手もいないとは、青春を謳歌している筈の青年としては恥を知るべきではないのか。まさに恥を知れ、しかるのち死ね、ではないか」
姉を持っている人は、この可愛げのない妹と交換してはくれないだろうか。
03/13|ひとりごとコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
実家に帰って、早四日目
しまった、何もしてない。猫と戯れることとモリミーの新刊「恋文の技術」を読んだことしかしてない
相変わらず、猫はにゃあにゃあと可愛い。もう猫さえ居ればそれで良いような気がしてくるから恐ろしい。
実家のパソコンは旧式ノートなので、いくら私がネット依存症でも始終ネットサーフィンに興じる気にならなくてよい。
おかげでらんま1/2を一気に読めた。シャンプー可愛いよシャンプー

ここの所、岐阜の各務ヶ原航空宇宙博物館に通い、支援ボランティアなぞというものをやっている
詳細はここを見るととてもよく分かる
平日は人が居ないので、私が行っても特にする事が無いのと、バスが二時間に一本しかないので私の起きる時間が6時に限定されてしまうのが問題である。
青いボランティアジャンパーを着て、挙動が不信な若い男が暇そうにしていたら私なので声をかけないで欲しい。

16日からは妹が第一志望の高校に入学したので、そのお祝いで某夢の国に行くらしい。
なぜか私も、行くらしい。
日中に私が某夢の国に行っても営業妨害はなはだしいので、私の魂の故郷、秋葉原~神保町を散策する予定である。
一人メイド喫茶、それもまた一興
03/12|ひとりごとコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

出来たー!新作出来たよー!
明日、てか今日か。最後の誤字チェックをしたらアップできるぜぇー
最終的に五万字まで膨れ上がったよ!改稿とか言いながらほとんど削って無いよ!書き足しただけ!
なんだかえらい時間かかったけど、まぁいいか!
03/05|創作小話コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
副題は鬼の居ぬまにお酒を飲もう

書く書く詐欺になる前に、レポートを書く!
昨日行われたアヒルさんとの飲み会レポートを、思い出せる限りで書きましたよ、っと
「コメディ風に書くと、自分のスキルアップになっていいかもNE!」
とはアヒルさん談。そりゃ無茶ですぜwww
やっつけ仕事ですがこれでご勘弁を

・これまでのあれやこれや
某茶室にて話し込んでいたところ、ひょんなことからオフ会の流れに
(・∀・)「夏あたりに大阪で祝勝会やるんだけど、来る?」
('A`)「あ、行きますよー」
(・∀・)「その前に一回飲み会やりたいねぇ」
('A`)「いいですねぇ。飲み交わしましょうよ」
(・∀・)「三月四、五と東京で担当の人と打ち合わせするから、二日に三重行くわ」
('A`)「担当の人!すごい!作家っぽい!……二日?(話してるときに三月一日になろうとしてました)」
(・∀・)「日本酒持って行くわ」
('A`)「ちょwwwww」

というわけでした。どんなんだよ。
いくらなんでもフットワーク軽すぎだろwwwとか内心吹きつつ部屋を片付ける俺。伸びきった髪も切りに行く俺。気分はルンルン

・そんなこんなで当日を迎えたわけだ
前日テンションが上がりすぎて風邪気味となった俺アホス
適当にメールでこちらの特徴を伝えたあと、最寄駅までアヒルさんをお迎えにあがる
「白鳥ですか?」
「いいえ、アヒルです」
これが合言葉でした。どんな罰ゲームwww見知らぬ人にそんな風に声かけれ無いぜ
とニヤニヤしながらアヒルさんを待つ。
気付いたら見知らぬ爽やか兄ちゃんが隣にいた、なるほど、特徴どおりである。アヒルさんであった。
完全に虚を突かれた俺は内心の動揺を隠せ無い!
「あ、ああ……!」
「どうも」
あらぬ方を見ていて、まったく気付けなかった俺であった。アンブッシュしている方が奇襲されたというwww
若干キョドりながら居酒屋まで案内する俺。アヒルさんは堂々としたものであった。経験の為せる技なのか、それともすでにお酒を召し上がっているからなのか……!

・居酒屋にて
案内した居酒屋は、普段私がよく行っている居酒屋である。はたして満足されたのだろうか。
生中と料理を頼み、乾杯する。
未だ私が緊張から抜けきっていないのは言わずもがな。
以下こんな風に書いていたらどにもならぬので箇条書きで。決して忘れているわけでも無いし、面倒だからでも無い!

・('A`)「作品を創発で晒したら一発で佐藤信者がばれた」(・∀・)「わりと分かりやすいよ」
・豪屋大介と佐藤大輔は同一人物か否か
・('A`)「てか佐藤は早く完結させろと。豪屋もだけど」(・∀・)「俺はもうあきらめてる」
・黙ってロードス戦記を読め
・(・∀・)「お兄ちゃんって呼ばれるのが好きでねぇ」('A`)「歳の離れた彼女にお兄ちゃんって呼ばせてるくせに」(・∀・)「ちょwwwww」('A`)「うらや……けしからん、じつにけしからん」
・彼女にダンボール一杯の妹モノのコミック(どんなコミックかは察してください)が見つかった時は死ぬかと思った。('A`)「ざまぁwwwww」
・(・∀・)「リネでネカマやってた。なんかネトゲやろうぜ」('A`)「やろうか(即答)」
・創発は居心地が良い。良い板でござる
・しかしまさかその創発でこんなことになるとは
・(・∀・)「メインヒロインは皆がすきそうなヤツ、サブヒロインは自分の愛を込めて」('A`)「なるほど、詳しいですね。研究の為せる技?」(・∀・)「知り合いのエロ漫画家にそう聞いた」

わりと真面目に創作談義他濃いい話をしてました。これだけ見ると「どこがwww」って感じだけれども!
なんだか良い感じ!になってきたので場所を俺の部屋へと移してさらに話し込む

・この日のためにある程度片付けましたな我がアパートにて
アヒルさんがお土産で持ってきてくれたお酒二本
アヒルさんのお土産2 アヒルさんのお土産1
ブッシュミルズは特にヒギンズで出てきた時から呑みたかったので嬉しくてたまらなかったり。
どちらも美味しいお酒でした。ありがとうアヒルさん!大事に飲みます

この辺ですでにかなり酔ってました。記憶が曖昧だけど、しょうがないよね!
以下例の如く箇条書き
・(・∀・)「引越し先よりも広い」('A`)「これぞ田舎の為せる技なり」
・(・∀・)「ロベルタなのかレヴィ姐さんなのか、それが問題だ。俺はレヴィ姐さん」('A`)「バラライカ一択」(・∀・)「大人の女性、てか強い女の子好きよね」('A`)「ハハッ」(・∀・)「読んだときも思ったけど」
・キャラクターをつきぬけさせるかどうか、それも問題だ
・黙ってロードス戦記を読め
・('A`)「賞取るって、やっぱすげぇよ!」(・∀・「)賞を取るにはその賞を出してる会社の傾向と対策を練るんだ」('A`)「ほうほうそれでそれで」(・∀・)「てかねずみさんも賞に出せよ」('A`)「ハハッ」
・(・∀・)「賞取っちゃったから、ネットで自由に書けなくて寂しい」('A`)「そういうもんですか」(・∀・)「冬に同人誌出す予定だから寄稿してよ」('A`)「mjd それなら夏コミに視察しに行こうよ」(・∀・)「行こうか(即答)……そういや絵師がいなかった」
・荒巻はいったいどこへ行くのだろう
・(・∀・)「保護者(彼女)がいなくてお酒が美味い!」('A`)「僕はずっといないですけどお酒は美味しいです」
・(・∀・)「ネズミ達の~読んだとき思ったけど、煙草吸いたくなるね、あれ」('A`)「どうぞどうぞ」(・∀・)「保護者の目から離れたからって、吸っちゃうのは駄目だ!」('A`)「体やばいっすからね」(・∀・)「笑えねぇ」

とまたまた濃いい話を繰り広げていたものの、零時を迎える前に俺に限界が訪れる
余りお酒に強く無いので、さすがにブッシュミルズはきつかった。
('A`)「やべぇ。限界。てか何がお酒弱いですかアヒルさん……」(・∀・)「じゃあ寝ようか」('A`)「ウィッス」
お酒を飲むとね……眠くなっちゃうんだ! 寝たくなかったけど、限界であった
とゆうことで就寝。アヒルさんには寝袋で寝てもらいました。すいません。

・爆睡した後で
七時半にアヒルさんに起こされ起床。爆睡であった。
朝食を食べに吉野家へ行った後、駅へと向かう。確か合コンの話をしてた気がする。謎である。
夏あたりにまた会う約束をして、改札口まで見送ってさようなら。
アヒルさんは忙しいのです。その後も名古屋でネットの友人と会うらしいwwwなんてハードスケジュール。

さてさて、アヒルさんは気の良い兄ちゃんでした。チャットで話したときと大体の印象かわらねぇwwwあっちはどう思ったのかが気になるところではあるがw
ネットの人とリアルで会うのは初めてでは無いんですが、これほどまでに濃く喋ったのは初めてでしたwwwいやぁ、楽しかった。創作談義なんてリアルじゃなかなか出来ないからなぁ……!
感想をリアルでもらったらなんだか嬉しさでドキがムネムネしてきて、ああこんなに読んでくれてるんだったら、ガンガン創作続けようと思えるね!
また会いましょう、アヒルさん!自重しなくて良いよ!
まだ会ってない人たちも、いつか会えたら会いましょうぜ!
03/03|オフレポコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
本人は嫌がるかも分からんがwww

アヒルさんこと原中三十四さん、
ノベルジャパン大賞佳作入選
改めておめでとうございます
うおー!すげー!
これ関連でアヒルさんのブログ、ぐんかんまきが大破炎上したのは寂しい限りですがw
書店に並んだら買います。すぐに

で、このアヒルさんが私の師匠。うん、そう勝手に心の中で思ってるんだ
馴れ初めは2chの創作発表板からというw
で、某茶室で話してたらなぜかリアルで飲み会する事に
三月二日てw早いw早いよアヒルさんwww
それまでに出来るだけ部屋を綺麗にしておきます……。出来なくても怒らないでね!

しっかし、2chでこんな関係に、オフ板とかじゃなくて、創作発表板でなるとはw
派手カイトさんのZ.I.Sも創発のガンダムスレで貼られてたリンクからたどり着いたし、印玄さんの宇宙の獅子もZISのBBSからだもんなぁ
2ちゃんねるなめてたぜ!くそっ!
いつかオフ会とかしたいとか、考えてる訳ですよ。僕は
03/01|ひとりごとコメント(3)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

No.30@ネズミ

Author:No.30@ネズミ
本館
ガンダム二次小説を徒然なるままに書き散らす連邦派
あとなんか作家目指してるらしいよへーふーん
自称創発住人。認識率低め
某所◆30AKLWBIYY

死ぬほどリンクフリー
切実に相互リンク募集中
メール hq.nzm30◎gmail.com

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
LINK
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ぼやくぜTwitter
読書メーター
Nzm30さんの読書メーター Nzm30の最近読んだ本
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。