上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑

つまりはじんじゃえーるえーるということ!

ということでがっつりじんじゃえーる!の紹介とでも行きましょうか

本当はもっと早くにやろうと思ってたんだけどね!まぁ人間色々あるよね。あるってことにしといてください

 
作者の原中三十四さんとは個人的に交友がありまして、色々とお世話になっているのでそのせめてもの恩返しというか…このブログでやっても効果は薄いですかわかりません。あ、好意的というかほぼべた褒めなのはご容赦ください。ツッコミは歓迎超歓迎

それじゃあいきましょうー。作者サイトと、ブログはこちら

作者: 原中三十四, タコ焼き

出版社/メーカー: ホビージャパン

発売日: 2009/09/01

特設ページ
<幼馴染みに近づく男子たちを蹴散らすべく、寂れた神社で神頼みをしていた剣児の許に、突然降臨した少女神様・春奈。剣児の恋路を最初は応援していた春奈だが、だんだんそれが面白くないと感じるようになり……。キュートな新米女神が巻き起こす、御利益満点(?)ラブ・コメディ!>

 
こういう感じの王道ラブコメ。しかし最近のラノベ(と言っても俺自身あんまりラノベを読んでるわけじゃないけど)のように変に奇をてらいすぎず、バチっと王道で青春なラブコメを展開してくれますよ。

正統派幼馴染のかえでは好きだけども、それとは別に自分を必要としてくれるボクっ娘神様春菜様(春菜様には様をつけなければならないのだ!)も大事。その間で揺れ動く主人公剣児、そういう感じの三角関係で話は進行していきまふ。

ほのぼのとしたゆるーい雰囲気で、でも決めるところは決めて、しっかりした心理描写が読んでいて非常に心地良い!

個人的に三角関係の主人公ってあんまり好感がもてないことが多いんだけども、剣児は妙に好感が持てたw

人気が出始めた幼馴染に悪い虫がつかないように、毎日神様に祈りながら境内で素振りしてる、だとか、かえでの一言一言に敏感に反応してしまう、そういうある種の情けなさとか、初々しさ、等身大な感じがきっと俺にそう思わせたハズ。

 
苦言を呈せば、春菜様が正直横恋慕にしか思えないところや、ラストがちょっと強引すぎやしないか、といった所。

あとかえでと春菜様の関係が一瞬ドロドロしたりで全体の雰囲気に合ってないんじゃないか、みたいなところはあるけれど、それは充分目を瞑れるレベルだと思う。

でも応援したくなるんだよなぁ、春菜様…俺もちょっと神社で素振りしてくる!

 
 
 

作者: 原中三十四, タコ焼き

出版社/メーカー: ホビージャパン

発売日: 2009/12/01

<母神さまの言いつけで、一介の高校生として剣児と同じ学校に通うことになった新米神様の春奈。だが、おかげで剣児と幼馴染みのかえでとの関係はぎくしゃくしがち。その上、偶発的に起こった剣児と神様のキスをかえでに見られてしまう! 同じ頃、街全体に不吉な影が迫っていた……。キュートでワガママな神様が巻き起こす学園ラブコメ・アクション!>

 
で、二巻は一巻の拡大発展版と言う感じでしょうか。三人の仲もある程度進展しつつ、でも進めすぎない、絶妙なラインの二巻。

話の主軸が荒御魂を退治する、になっててアクションに走っちゃうのかと思えば上手くそれを処理してて(春菜様の演舞とかまさに)良い感じ。好きなんだけどね、アクション。別にじんじゃーでやらなくても良いだろうと思うわけです。

あとやっぱり剣児ね。チャンバラで心踊らなければ男子じゃないな!

主張しすぎないサブキャラ達もグッド。特に伊織部長と若松カップルね。これはもっと見たかったなぁ。普段はびしっと厳しいのに、若松の前じゃデレデレになっちゃうんだぜ!あるいは若松がデレデレしてまんざらでも無いけど困る伊織部長とか!

春菜様が神様としての責務を感じて努力する、って展開もとても良かった。

 
しかし、一巻より面白いかと言われれば微妙。粗が目立つ感じか。

なんだかんだ剣児とかえでは両思いだということがハッキリしてるので、今回春菜様の扱いがハッキリせずに浮いちゃったようにも思う。その分神様としての春菜様にスポットが当たってるとも言えるけど。

 
この巻で重要なのは信者のいなくなった神様は荒御魂のような存在になってしまう。それを知った剣児はますます春奈様を放っておけなくなるわけで。

この辺をこれからどう絡めていくのか、今後の三人の展開に期待。

 
 
 
ふぅ、真面目な文章(!?)は疲れるね、うん。
かえでか春菜様、どちらかを選べと言われれば僕は伊織先輩を選びますよ(キリッ

イラスト化マダー(AAry

スポンサーサイト

12/20|読書コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

No.30@ネズミ

Author:No.30@ネズミ
本館
ガンダム二次小説を徒然なるままに書き散らす連邦派
あとなんか作家目指してるらしいよへーふーん
自称創発住人。認識率低め
某所◆30AKLWBIYY

死ぬほどリンクフリー
切実に相互リンク募集中
メール hq.nzm30◎gmail.com

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
LINK
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ぼやくぜTwitter
読書メーター
Nzm30さんの読書メーター Nzm30の最近読んだ本
RSSリンクの表示
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。